スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

tableとhtml

htmlの一つに、tableという要素がある。
もともとはテーブル、つまり表をつくるものだった。例えば、家計簿のようなものである。

しかし、いまは多くのページでレイアウト用に使われている。
tableは多くのPC用ブラウザで同じように表示され、また初心者にも直感的で分かりやすくレイアウトができるためであろう。


この「tableレイアウト」と呼ばれているものが悪者扱いされている。
「もともと表を作るためのものを、レイアウトにつかうなんてけしからん」ということらしい。


確かに、上記の通り、もともとtableはその名の通り表を作るために使われいた。


しかし、htmlはHyperText Markup Language、つまり言語である。


言語というものは、その使われ方によって意味が変わる。かつて「あわれ」というしみじみとした感動をあらわしていたものが、いまやかわいそうという意味で使われる。
そのように、本来持っていた意味が使う側によって変えられることは珍しいことではない。

なぜ、HTMLは特別なのか?

tableがレイアウトとして使うことを禁止されていなかった以上、それをレイアウトとして使っても問題ない。


簡単に、そして美しくレイアウトできるtableをこれからも使っていこう。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL